ブログ

事業を開始する場合に、どのような会社形態をとったらよいか悩まれると思います。さて、あなたにとって最も良い会社はどれにあたるかを見ていきましょう。

 

  1. 会社の種類
  2. 会社別のメリット及びデメリット
  3. 設立コスト比較
  4. おわりに

 

  1. 会社の種類

会社法においては、「株式会社」「合同会社」「合名会社」「合資会社」の4種類があります。

「株式会社」とは、出資者(株主)から資金を調達して出資者から委任を受けた経営者が事業を行って、利益を株主配当する会社形態のことです。株主は間接有限責任しか負いません。

 

「合同会社」とは、出資者(社員)から資金を調達するも、出資者と会社を経営するものが一致している(原則、全社員が会社の業務執行に当たる)会社形態のことです。出資者は間接有限責任しか負いません。

 

「合名会社」とは、無限責任を負う出資者(社員)のみから構成される会社形態です。

 

「合資会社」とは、有限責任の出資者(社員)と無限責任の出資者(社員)から構成される会社形態です。こちらの有限責任は直接有限責任になります。

 

ここで有限責任というのは、会社が債務を背負っても、出資金額がおじゃんになるだけで、それ以上の責任を個人で追うことはないという意味です。また、直接有限責任は会社の債権者から、直接請求が来る、間接有限責任は会社を通じて請求が来るということです。但し個人の懐から債権者に支払うことはありません。しかし直接の場合、まだ出資が完了していない金額を限度として、自分の懐から債権者に支払うことはあり得ます。ただ、その限度は会社設立時に自分でも予測できますね。

無限責任というのは、会社が債務を背負った場合、自分の懐からも債権者に支払わなければならないことを意味しています。

 

2006年の会社法改正で株式会社の資本金が1円でも可能となり、全出資者が有限責任である合同会社が導入されたため、現在あえて合資会社や合名会社で新たに設立することはほとんどなくなったのではないでしょうか。

 

  1. 会社別のメリット及びデメリット

 

会社形態 株式会社 合同会社 合名会社 合資会社
出資者数 1人以上 1人以上 1人以上 2人以上
出資者責任 間接有限責任 間接有限責任 無限責任 無限責任及び直接有限責任
出資の目的及び金額 金銭・その他の財産

(1円以上)

金銭・その他の財産

(1円以上)

金銭・その他の財産の他、信用・労務出資も可能 金銭・その他の財産の他、信用・労務出資も可能
決算公告 必要 不要 不要 不要
強制規定 法律上の決まりが多い 社内規定で自由に決めることが可能 社内規定で自由に決めることが可能 社内規定で自由に決めることが可能
利益・権限配分 出資額に比例 出資額にかかわらず決めることが可能 出資額にかかわらず決めることが可能 出資額にかかわらず決めることが可能
機関設計 株主総会

取締役会(公開会社では必須)あるいは取締役1名

制約なし

(会社の意思決定は業務執行社員の過半数で決定)

制約なし

(会社の意思決定は業務執行社員の過半数で決定)

制約なし

(会社の意思決定は業務執行社員の過半数で決定)

役員任期 最長10年 なし なし なし
社会的認知度 高い 低い 低い 低い

 

  1. 設立コスト比較

 

会社形態 株式会社 合同会社 合名会社 合資会社
定款認証(※1) 50,000円 なし なし なし
印紙税(※2) 40,000円 40,000円 40,000円 40,000円
設立登記

(登録免許税)

150,000円 60,000円 60,000円 60,000円
合計 240,000円 100,000円 100,000円 100,000円
合計(電子定款の場合) 200,000円 60,000円 60,000円 60,000円

※1)他に定款の謄本手数料(約2,000円)がかかります。

※2) 電子定款にすると無料になります。

 

  1. おわりに

コスト面だけを考えれば、合同会社が一番よさそうですが、対外的な信頼性を考えると株式会社がベストです。合同会社は貧乏人の株式会社という認識でしかないのが現状です。

合同会社から株式会社への組織変更は広告費用約30,000円、登録免許税が約60,000円(内訳:解散30,000円、設立30,000円)で可能です。債権者への公告等の手続きで時間がかかったり、手間は解散・株式会社の設立と手間はかかりますが、実は株式会社を最初から作るよりも、定款認証のお金がかからないので、合同会社から株式会社を設立した方が、コスト的に50,000円安いなんて裏技もあったりします。時間に余裕がある方は検討してもよいかもしれません。司法書士への手数料を考えたら、1度飲みに行くお金が浮く程度のメリットしかありませんが。

 

 

 


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金