ブログ

社員というと、皆さん、会社の従業員を思い浮かべると思います。つまりこのブログを読んでいらっしゃる方の大半がサラリーマンをしていると思いますが、皆様のことでしょうか?

実は会社法では、社員とは出資者のことを言います。株式会社ですと株主ですね。なんだか違和感ありますね。

 

無限責任社員とは、会社に対して無限に責任を負う社員のことです。「無限に」ですから、もし会社が倒産して債務が会社の財産だけでは弁済(単純に返済と考えてください)できない場合は、個人の財産で責任を負わなければなりません。それに対して有限責任社員とは、会社に対して出資金以上の責任を負わない社員のことです。株がパーになるだけです。

 

合名会社は全員が無限責任社員から成り立っており、合資会社は1名は無限責任社員である必要はありますが、その他は有限責任社員でよいのです(但し、合資会社の有限責任社員は直接有限責任であり、株式会社や合同会社の間接有限責任とは若干異なります。合資会社の有限責任社員が会社に対して出資を行っていればその分だけの間接責任となります)。株式会社や合同会社は有限責任社員だけで成り立っています。

 

この説明だけではわかったような、わからないようなですね。具体的にお話をしましょう。株式会社を設立して創業融資を受けると、代表取締役の方が連帯保証をさせられます。この場合、代表取締役が株式会社の株主を兼ねている場合には、連帯保証をした融資については、株式会社が倒産した時に、代表取締役も責任を負わなければなりません。つまり個人が破産をしない限りは、金返せー!と個人のところにも取り立てにやってきます。しかし仕入れや費用が払えなくても会社が責任を負えばよいので、株主である代表取締役は責任を負いません。つまり、業者に払えなくなっても、俺知らねえよといえるわけです。

それが合資会社や合名会社の無限責任社員ですと、倒産したときには、個人のところにも取り立てにやってきます。俺知らねえよとはいえないわけですね。

 

以上のことから、俺知らねえよ、といえる株式会社や合同会社が何で人気があるかわかってもらえたと思います。そしてこのようにリスクが有限であるから、多くの人が株式会社や合同会社に出資し、資本主義社会をここまで立派なもの支えてきたと言えるのです。皆さんが豊かな生活を享受できているのはこの有限責任制度のおかげなのです。

 


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金