ブログ

ラーメン屋を開業する場合にどのような開業資金がかかるのでしょうか。

1. 開業資金の目安
2. 開業資金の内訳
3. 注意点

1. 開業資金の目安
ラーメン屋を運営するにあたって、駅前、繁華街、郊外等の立地条件やその規模に応じて、必要な開業資金は大きく変わります。こだわりの逸品のラーメン店はそんなに大規模な店構えはありませんよね。

一般的には概ね800万円~3,000万円と考えられております。

2. 開業資金の内訳
ラーメン屋の開業資金は次のものがあげられます。
(1) 物件取得費
(2) 内装工事費
(3) 什器備品
(4) 開業関連費
(5) 運転資金

さて、次に細かく見ていきましょう。ここでは繁華街で開業する場合を想定してみます。

(1) 物件取得費
物件取得費には、不動産屋に支払う仲介手数料、1か月分の前家賃、そして半年から10か月分の保証金がかかります。下記例では15坪で30席程度を想定しています。

(2) 内装工事費
内装工事費は、内装の仕上げ、カウンターや椅子、外壁ファサードのデザイン、厨房、設備工事等が含まれます。工事業者に相見積もりをとって、少しでも下げるのがポイントです。

(3) 什器備品
家具などの什器、食器等の備品の購入費がこれに当たります。

(4) 開業関連費
開業関連費としては、広告宣伝費(販促物製作費)、会社設立費用などがあります。ホームページも作成します。開業時の仕入れも必要となります。

(5) 運転資金
開業後、すぐにお客様が多く来店する状況にはなりませんので、3か月は赤字でも暮らしていけるように、お財布に余裕を持たせておきましょう

こちらを表にすると次のようになります。

3. 注意点
ラーメンはいつの時代も人気メニューであり顧客層が広い。そして飲食店の中では開業費用を比較的抑えられる業種であるため、新規参入が容易な業種です。他の飲食店はともかく、ラーメン店はカウンター席だけでも十分に成り立つ業種の一つと言えます。
それゆえ、客に他店にまねのできない味や地域に密着した店舗である等、周辺の競合店との差別化を意識しないと競争に勝てない業態でもあります。
どの店舗にも言えることですが、保証金が非常に足かせになってしまいます。あまり立地が良くないことに気づいても、この保証金の返還条件が、解約より半年後とか、次のテナントが決まってから等という借主に圧倒的に不利な条件もたまに見受けられます。
従いまして、この保証金の返還条件については、契約書に穴が開くほど読み込んで確認しておいた方が良いと思われます。


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金