ブログ

ネイルサロンを開業する場合にどのような開業資金がかかるのでしょうか。

1. 開業資金の目安
2. 開業資金の内訳
3. 注意点

1. 開業資金の目安
ネイルサロンを出張サービスで行う場合、自宅、繁華街、郊外、あるいはショッピングモールに構える等の立地条件やその規模に応じて、必要な開業資金は変わります。

一般的には概ね30万円~500万円と考えられております。

2. 開業資金の内訳
ネイルサロンの開業資金は次のものがあげられます、
(1) 物件取得費
(2) 内装工事費
(3) 什器備品
(4) 開業関連費
(5) 運転資金

さて、次に細かく見ていきましょう。ここでは商店街の一歩裏の路地で開業する場合を想定してみます。

(1) 物件取得費
物件取得費には、不動産屋に支払う仲介手数料、1か月分の前家賃、そして半年から10か月分の保証金がかかります。

(2) 内装工事費
読んで字のごとく内装工事費です。ネイルサロンの内装費は飲食店等に比較して格段に安く済みます。といいますのは、厨房等を含めた設備費用が全く掛かりませんし、清潔感さえあれば、その仕上げもそれほどこだわる必要がありません。
オーナーの了解を得た上でネイルサロンをマンションの一室で行うならば、インテリアに凝るだけで全く内装工事費をかけなくてもよい場合があるでしょう。

(3) 什器備品
例えば什器備品には、施術用の机やいすがあれば十分です。

(4) 開業関連費
開業関連費としては、広告宣伝費(販促物製作費)、会社設立費用などがあります。ネイルサロンの場合、開業当初は会社を設立しないことを考えてもよいでしょう。もっとも最初からすぐ拡大したいという場合には、最初から会社形態であった方が良いことも多いです。個人から会社に変えるときに、今までの契約を変える必要があります。

(5) 運転資金
開業後、すぐにお客様が多く来店する状況にはなりませんので、3か月は赤字でも暮らしていけるように、貯金に余裕を持たせておきましょう。

こちらを表にすると次のようになります。

3. 注意点
ネイルサロンを開業するにあたり、資格や行政の認可は必要ありませんが、日本ネイリスト協会が主催する「ネイリスト技能検定試験」があり、その資格取得のための専門学校の学費や検定試験受験代は上記費用には含めておりません。もちろん独学でも構わないのですが、経験が浅いために様々なトラブルを起こす例も少なくなく、スクールでしっかり基礎を学び、検定試験に合格することでお客様に安心感を与えることも必要でしょう。むしろそちらが開業費用と考えてもよいくらいです。


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金