ブログ

ビジネスのアイデアがない場合、経営のノウハウもない場合、フランチャイズで始めた方が安心できる側面もあります。安心の対価が加盟金というものです。フランチャイズって何なの、という質問にお答えしましょう。

1. フランチャイズとは
フランチャイズとは、本部が持っている営業上のノウハウ、本部が開発した商品・サービスや、本部の持っている名称やロゴマーク等を使う権利を提供して、同じブランドで営業をさせることによって、対価を受けとる事業契約のことを言います。
ノウハウを提供する方をフランチャイザー(本部)といい、受け取る側をフランチャイジー(加盟店)と呼びます。

2. フランチャイズの形態
事業拡大を他人のお金を使って行うことができる点で、本部にとっては低コストのビジネスとなりえます。しかもロイヤルティ収入(売上の一定割合の金額)が入ってきます。加盟店にとっては、開業から実務に至るビジネスのノウハウを短期間で身に付けることができます。広告宣伝を自らの創意工夫で行うことがないので、一般的には失敗のリスクは小さくみえます。但し、本部に任せきりにしておいてよいわけではありません。あくまでも営業は自助努力が必要です。加盟料の分だけ失敗したときは損失も大きくなることは覚悟をしていた方が良いでしょう。
本部と加盟店は対等の関係にあり、共同経営を行うわけではありません。従い、加盟店が経営に失敗しても本部が責任を負うわけではありません。一方で加盟店が上手くいっているときは、ロイヤルティ収入を支払うことになりますし、対等の関係とは言ってもやはり本部の意向や方針が反映され、自分で好きなように商売するわけには行きません。
当然のことながら、本部は全体的な利益を優先させますので、加盟店の個別的な利益には絶対的な関心がありません。
フランチャイズ契約締結の際に、加盟店が本部に対して加盟料を支払いますが、それは、ノウハウ、マークの使用料、立地調査にかかる費用、開店前の研修・指導、指導員の派遣、店舗の内外装の設計・デザイン等の対価として支払われます。
その他契約時に保証金を支払います。これは加盟店が契約期間中に本部に対して負う債務を担保するためのものです。
ロイヤルティは、経営ノウハウや情報システム、商標等の使用料、経営指導の対価です。その算出方法は、売上金額に一定の比率をかける場合、売上総利益に一定の比率をかける場合、毎月固定額、席数や坪数に一定の比率をかける場合などがあります。

3. フランチャイズに多い業種
フランチャイズに多い業種は、コンビニエンスストア、宅配販売、中古品販売、靴屋、弁当屋、外食業一般(ラーメン、カレー、牛丼、ハンバーガー、アイスクリーム、寿司、居酒屋、コーヒーショップ)、サービス業一般(クリーニング、理美容、DPE、ホテル、自動車整備、レンタルサービス、学習塾、住宅建築・リフォーム、介護等)があります。

4. フランチャイズの有名企業
フランチャイズの有名企業としては次のようなものがあります。
【小売業】
・セブンイレブン
・ローソン
・ファミリーマート
・ミニストップ
・サークルKサンクス
・スリーエフ
・デイリーヤマザキ
・ヤマダ電機
・マツモトキヨシ
・ブックオフ
・TSUTAYA
・オートバックス
・イエローハット
・Wondergoo

【飲食業】
・大戸屋
・平禄寿司
・ピザハット
・ピザーラ
・サーティワンアイスクリーム
・マクドナルド
・ロッテリア
・ファーストキッチン
・ケンタッキーフライドチキン
・不二家
・養老乃瀧
・つぼ八
・はなの華
・モスフードサービス
・サブウェイ
・スターバックス
・珈琲コメダ
・タリーズコーヒー
・ドトールコーヒー
・カフェ・ド・クリエ
・カフェ・デュモンド
・壱番屋
・吉野家
・喜多方ラーメン
・大阪王将
・リンガーハット
・ほっかほっか亭

【その他】
・ダスキン
・あかぼう
・明光義塾
・ホリデー車検
・ホワイト急便
・白洋舎

5. おわりに
フランチャイズは自分が何のノウハウも持っていないときには有効な事業形態の一つと言えるでしょう。言っては何ですが、かなり拘束性が強く、一国一城の主を夢見た人にとっては、自由度がないように感じるのではないでしょうか。
フランチャイズに加盟したからと言って成功が約束されているわけではありません。本部の直営に比べるとロイヤルティを支払う以上、収益率は当然ながら低いものになります。
その点も十分に考え抜いたうえで、契約されるとよいと思います。


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金