ブログ

エステサロンを開業するのは、当初どのような費用がかかるのでしょうか。

1. 開業資金の目安
エステサロンには、顔や体のケア、マッサージ、痩身美容の総合型、フェイスケア、ハンドケア等の専門型等様々な店舗があります。施術内容や出店先、規模によって、開業資金は大きく異なります。
開業資金の目安としては、出張型であればほとんど費用が掛からないことも含め、50万円~3,000万円と非常に幅広いものになっています。もちろん、バリニーズエステ等の高級感で勝負するようなサロンであれば、場所や内装にこだわると数千万円の費用が掛かることもあります。

2. 開業資金の内訳
エステサロンの開業資金には、次のようなものがあげられます。

(1) 物件取得費
(2) 内装工事費
(3) 設備工事費
(4) 開業関連費
(5) 運転資金

次に細かく見ていきましょう。

(1) 物件取得費
出張型であれば、物件取得費はかかりませんし、エステサロンをご自宅でやられている方もいらっしゃいます。場合によっては知り合いのヘアサロンの中にスペースを借りて開業するパターンもあるでしょう。もし、どちらかに借りて開業させるのであれば、不動産屋に支払う1か月分相当の仲介手数料と1か月分の前家賃、そして半年から10か月分の保証金が必要となります。

(2) 内装工事費
自宅のままということであれば、それほど内装工事は不要で、インテリアや飾りつけで十分となります。高級感あふれるサロンの場合には1,000万円の内装をかける場合もあるでしょう。

(3) 設備工事費
エステ機器、備品等ですので、数百万円で足りるでしょう。

(4) 開業関連費
広告宣伝費(販促物製作費)、ホームページ制作費、アルバイト募集費、開業前仕入代金(オイル等)、会社設立費用等があります。

(5) 運転資金
開業すぐにお客様が来るとは限りません。念のため、お客様が来なくても大丈夫なように、3か月分くらいの費用が支払えるよう、現預金をもっておくとよいでしょう。

ここでは、ベット数を2つとした店舗面積20坪のエステティックサロンを住宅地に出店する際の資金例を見ていきます。

3. 注意点
開業時の費用を抑えるために、機器の中古品を購入するとすぐに壊れてしまったり、他人の使った機器は、説明書通り使われていなかったりとかトラブルが発生する場合があります。例えば、スチーマーを精製水ではなく水道水等で使用していた場合、垢がパイプにこびりつき、故障の原因となるものです。新品を購入する方が良いと思いますが、中古品を購入される場合はくれぐれも注意して下さい。

エステサロンの場合、ゴージャス感をウリにすることも必要となる。つまりエステサロンの顧客は日頃の疲れを癒し、自分の美を追求しに来店する。自分の美的感覚とサロンの内装がずれていれば、リピーターとならない場合がある。そのときは内装工事が今回示したものの3倍程度かかることもあるかもしれません。そうするとトータルで1,400万円くらいになる場合もあります。全てはコンセプト次第と言えるでしょう。


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金