ブログ

制度融資と創業融資の違いがわかりません。信用保証協会と日本政策金融公庫の違いもわかりません。誰か教えてくれませんか。このままではゴールドブレンドが飲めません!という声にお応えしました。主に信用保証協会と制度融資の視点から記載しております。

 

  1. 制度融資の仕組み
  2. 信用保証協会とは
  3. 制度融資の申し込み方
  4. 制度融資のメリット及びデメリット

 

  1. 制度融資の仕組み

制度融資とは、中小企業・小規模事業者が金融機関から融資を受ける際に自治体の行っている制度を用いたものです。これは創業時にかかわらず、多くの中小企業が金融機関から融資を受ける際に利用されています。この場合、融資を受けたい方が自治体の行っている制度を活用して信用保証協会に保証申し込みをし、実際には金融機関から融資を受けます。当然融資を受けた金融機関へ返済します。また自治体が利子補給を行い、中小企業の利子の負担を軽減します。

これは皆さんから見た表の流れですが、裏の流れとしては、皆さんの保証人を信用保証協会が担いますので、もし皆さんが返済できない場合には、返済できなかった分に関して、皆さんに代わって、信用保証協会が金融機関へ返済します。もちろんただで保証はしませんので、信用保証料を皆さんから頂きます。

元々信用保証協会が皆さんの債務を全額保証していたのですが、金融機関がまじめに融資判断したり、回収しなくなるので、現在は保証率が8割で金融機関の負担は2割となっています。危機時には保証100%となる場合もあり、創業から時間がたち経営が安定した企業は信用保証協会の保証率を下げるなどの案を検討しているようです。

 

一方で、創業融資とは、日本政策金融公庫が行う創業時の融資です。

 

  1. 信用保証協会とは

つまり信用保証協会とは、皆さんの保証人になってくれる協会です。より詳しくは、昭和28年8月10日に施行された信用保証協会法に基づいて、中小企業・小規模事業者の金融円滑化のために設立された公的機関です。各都道府県に1協会ずつ存在し、さらに横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市にその死を対象範囲とする信用保証協会があります。従い、全国で51の協会があることになります。

 

  1. 制度融資の申し込み方

自治体によって制度が異なりますので、詳しくは皆さんの属する自治体のホームページをご覧ください。

一般的には次の通りです。

  • 自治体に斡旋の申し込みをする。
  • 審査が通ると紹介状を受け取る。
  • 紹介状を指定金融機関へ持っていき、融資の申し込みをする。
  • 金融機関経由で信用保証協会に保証申込がされる。
  • 信用保証協会の担当者と面接を行う。
  • 保証決定後、金融機関の審査を経て、融資が実行される。

 

従いまして、制度融資をご検討の方は、まず会社の所在地の自治体のホームページでどんな制度融資があるかを確認し、自治体へ斡旋の申し込みに行ってください。次に、どこの金融機関(複数の金融機関がある)へ行けばよいか教えてくれるので、その金融機関へ行って手続きをすればよいです。後はその金融機関の担当者がスケジュールや必要書類等懇切丁寧に教えてくれます。

 

  1. 制度融資のメリット及びデメリット

制度融資を受けるメリットは、

融資枠の拡大を図ることができます。

長期で低利の借り入れを利用しやすくなります。

一定額までならば法人代表者以外の連帯保証人は必要ありません。

担保がなくても利用しやすいものです。

創業時の融資の際に預金通帳を見せてくださいとは言われません。

自己資金要件は特にありません。

(特に地方では)最寄りの金融機関(地銀・信用金庫)を窓口にできます。

 

制度融資のデメリットは、

融資金利の他に、保証料の負担が発生し、利息が割高になります(自治体が利子補給をした場合この限りではありません)。

融資の内容や条件は、これを主宰する自治体で異なり、制度の種類が多く、内容が入れ替わるので、勉強が必要になります。

(聞けばきちんと教えてくれます。)

信用保証協会と申込先となる金融機関の双方で審査を行いますので、

一方が大丈夫でも他方で断られる場合があります。

(信用保証協会でOKであれば、金融機関もOKの場合が多いです。)

自治体も加えて3つの機関で審査されるので、融資実行までに長く時間がかかります。

 

  1. おわりに

創業融資が公庫だけの判断で、制度融資が保証協会と金融機関という別の組織の判断が入るため、公庫の方が若干融資がおりやすく感じます。保証率が100%でないので、金融機関が2割分の焦げ付きの責任を負いたくないという側面があります。また公庫は単独で査定しますので、手続き面でスムーズです。その分、融資実行も早いです。

ただ融資の受けやすさについて明確に感じられるだけの差はないと思います。創業融資はダメだったけど、制度融資はOK、その逆もありました。どちらかといえば。片方で融資がおりなかったため、改善してのぞんだから今度は融資がおりたという、皆さん自身のスキルが向上したことによると思います。

制度融資は通帳を見せなくてよいとか、自己資金要件がないから楽ということでもありません。全ては総合判断ですので、どちらが皆さんにとって容易というものではありません。あくまでも皆さんが融資を受けるにふさわしい人物であるか、ふさわしい事業を行っているか、ということが問題です。

 


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金