ブログ

カレー屋を開業する場合にどのような開業資金がかかるのでしょうか。

1. 開業資金の目安
2. 開業資金の内訳
3. 注意点

1. 開業資金の目安
カレー屋を運営するにあたって、駅前、繁華街、郊外等の立地条件やその規模に応じて、必要な開業資金は大きく変わります。とは言っても100席あるカレー屋はあまり想像できません。これ以上はちょっと・・・という適正規模はありそうです。

一般的には概ね800万円~1,500万円と考えられております。

2. 開業資金の内訳
カレー屋の開業資金は次のものがあげられます、
(1) 物件取得費
(2) 内装工事費
(3) 什器備品
(4) 開業関連費
(5) 運転資金

さて、次に細かく見ていきましょう。ここでは駅前で開業する場合を想定してみます。

(1) 物件取得費
物件取得費には、不動産屋に支払う仲介手数料、1か月分の前家賃、そして半年から10か月分の保証金がかかります。下記例では15坪で20席程度を想定しています。

(2) 内装工事費
大衆向けの場合とエスニックをウリにする場合とは、内装工事費もずいぶん異なるでしょう。もっとも、何が何でもインドチックにこだわる必要もありません。カレー自体が日本の大衆料理になっていますので、コンセプトに合わせた店づくりを心がけましょう。
こちらには厨房設備費や設備工事費も入ります。大衆料理屋でコンセプトがないのであれば、フランチャイズに加盟した方がよいでしょう。

(3) 什器備品
例えば什器備品には、レジスター、食器類等があげられます。

(4) 開業関連費
開業関連費としては、広告宣伝費(販促物製作費)、会社設立費用などがあります。ホームページも作成しましょう。開業時の仕入れも必要となります。

(5) 運転資金
開業後、すぐにお客様が多く来店する状況にはなりませんので、3か月は赤字でも暮らしていけるように、懐に余裕を持たせておきましょう。余裕がなくなったらお客様の残したカレーに手を付けなければならない状態になるかもしれません。あなたそこまでプライド落としますか!そうならないために稼ぎましょう。

こちらを表にすると次のようになります。

3. 注意点
大衆料理店では価格勝負になりまして、いかに回転数を上げるかです。これは正直、新規参入者が勝てる勝負ではありません。某カレーフランチャイズに加盟した方がよいでしょう。ちなみに加盟料等の内訳は次の通りと言われていますが、実際に加盟店説明会に行かれ多際に、正式な数字を教えてもらって下さい。こちらの数字はご参考までにお願いします。

【28坪38席の場合】
FC加盟金        292,000円
加盟保証金       1,460,000円
内装・設備等投資    23,800,000円
物件取得費        5,000,000円
その他         1,000,000円
合計          31,552,000円


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金