ベンチャー・スタートアップ企業の 資金調達を支援

無料相談はこちら無料相談はこちら

無担保・無保証人で、資本として借入できる

融資なのに投資のような資金調達。
返済はなんと最長15年後でOK!

無料相談はこちら無料相談はこちら

政府系の資本性ローンでビジネスを大きく!

『新規性』のあるビジネスなら融資が通る可能性があります

経済産業省から認定された経営革新等支援機関が支援

日本政策金融公庫と連携し、資本性ローンによる資金調達をお手伝いします

政府系金融機関である日本政策金融公庫には
ベンチャー企業専門の融資』があります!

資本性ローンのメリット

資本性ローンを利用できる方

唯一条件は、あなたのビジネスに『新規性』があること。
だからアイデア勝負で日本政策金融公庫から資金調達ができます!

あなたのビジネスで資本性ローンが使えそうかお気軽にご相談ください

当面の資金繰りに悩まず、
ビジネスを大きくできるチャンス!

ベンチャー・スタートアップ企業には大変素敵な資本性ローンですが、 誰でも審査に合格するような簡単な制度ではありませんが「挑戦」しがいがあります!
資本性ローンの制度名「挑戦支援資本強化特例制度」にはその名の通り「挑戦」です。

当センターは、
新規性のあるビジネスに「挑戦」する、あなたを応援します! 資本性ローンに「挑戦」する、あなたを応援します!

当センターのサービス内容(※何も施策をしないと10%以下と狭き門です)

資本性ローン実行後、数年後の一括返済のコツもお教えします。
ご希望により、財務コンサルティングをいたします!

当センター代表の経歴

  • 松本健児
  • 経営学博士 税理士
  • 経済産業省認定・経営革新等支援機関

2000年から東証1部上場企業(当時従業員数2,000名)の財務統括部を任されると同時に、新規事業として、特許権の評価及び担保融資・社債等のファイナンス事業に従事。知財ファイナンスの分野では先駆的業績を上げる。 さらに、メガバンクにて、特に技術系企業の事業性評価融資に携わり、退職後、上場企業の投資家向け広報(IR)や上場支援(IPO)及びM&Aに関わる。このときベンチャー企業に数億円単位の出資(ベンチャーキャピタルや商社から)、国内金融機関から数億円単位の融資、社債発行を実行させる。また、未上場企業の株価評価についても定評がある。加えて、国内外の機関投資家との数多くのプレゼンテーション経験を有し、外国人投資家目線でのファイナンスマーケティングを実践。関わった企業は常にTOPIXを上回るパフォーマンスを有する。 日本の財務担当者の「財務リテラシー」を国際基準に高めるべく、ベンチャー企業のCFO育成をライフワークと考えて、ベンチャーファイナンスの世界へ今までの経験を注力。「金融力は世界を制する。日本はアジアナンバーワンであり続けなければならない」がモットー。

まずは、お気軽にご相談ください
資本性ローンの無料相談は、こちら

※メールアドレスの間違いに注意してください。
※docomo、au、softbankなど各携帯キャリアアドレスの場合、メールが正しく届かないことがございます。
セキュリティー設定やドメイン指定受信設定を確認してからお申込ください。
ドメイン指定受信:@jfc-center.com

※資本性ローンが難しい場合は、あなたに合った最適な資金調達方法をご提案します。