ブログ

カフェを開業する場合にどのような開業資金がかかるのでしょうか。

1. 開業資金の目安
2. 開業資金の内訳
3. 注意点

1. 開業資金の目安
田舎でこじんまりとやるのか、都会の一等地でそれなりにやっていくのかでそもそも大きく変わります。また、カフェの場合は内装などを手作りされる方も多く、低い開業資金で始められる方も少なくありません。300万~1,000万円と考えておけばよいのではないでしょうか。

2. 開業資金の内訳
ここでは郊外の15坪程度の店舗を予想しています。
カフェの開業資金は主に次の5つになります。

(1) 物件取得費
(2) 内外装工事費
(3) 器具備品
(4) 開店費用
(5) 運転資金

次に内容を細かく見ていきます。

(1) 物件取得費
1か月分の前家賃と、1か月分の仲介手数料、そして保証金が半年から10か月分は取られます。1坪当たりの賃料単価は出店エリアによって異なります。

(2) 内外装工事費
「造作費」
内外装工事費として造作費がかかります。工事業者等の専門業者に依頼する場合と自分で行う場合では費用が大きく異なります。カフェは手作り感でもお客に理解されやすい業種でしょうが、あまりに、接着剤がはみ出ていたり、ニスにムラがあるなど、あまりど素人感満載では、お客が心地よさを感じない場合があるかもしれませんので、不器用な方は素直に業者にお任せするのもよいと思います。ホームセンターで電動のこぎりとか買って持っていてもその後使わないかもしれませんから。

「厨房機器費」
新品か中古品を買うかでもかなり費用が異なります。厨房のリサイクルショップには新品同様のものが安く手に入ることもありますので、有効に活用しましょう。

「設備工事費」
水道・ガス・電気・給排気等の設備工事には、専門知識が必要です。カフェのライフラインですので内外装工事と同じように考えず、業者へ依頼しましょう。

(3) 器具備品
「調理器具」
調理器具は東京であれば、合羽橋道具街(浅草)で購入できます。また、オープン時の食器類は客数路同数か8割程度で十分であり、客が増加したら徐々に増やしていけばよいと思います。

「電気機器類」
レジスターやBGMを流すためのオーディオ機器が必要になります。USEN等にお願いする場合もありますが、初期費用がかかるだけでなく、2年縛りなど途中で解約はしずらくなっておりますので、注意しましょう。

(4) 開店費用
開業時に仕入もしておかなければなりません。また広告宣伝をどのように行うかによりますが、自社のホームページ設置は現在では必須でしょう。また、新聞の折り込み広告やチラシ制作には数10万円から100万円単位のお金がかかります。さらに会社設立費用も必要です。

(5) 運転資金
開店したらすぐにお客が来て、その後も伸び続けるというのは幻想でしかありません。お客様がちらほらしか来なくても数か月間はカフェの運営やあなた個人の生活に困らないだけの貯蓄は持っておきましょう。

開業資金の目安を表にすると次の通りです。

例えば家賃を15万円にして、さらに保証金を半年に交渉し、工事を自分で済ませると、550万円程度で済みます。

3. 注意点
カフェはくつろぎに来る場所です。お客様が長時間滞在できるような心地よい空間づくりが心がけましょう。ゆったり目な空間や、座り心地の良い椅子等、自分がお客様になったときに長くいたいかどうか、といった客観的なお客様目線も必要になります。一度自分もお客になったつもりでリセットして、完成後もまだ店を作り続ける心構えを持ちましょう。


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金