ブログ

バーを開業する場合にどのような開業資金がかかるのでしょうか。

1. 開業資金の目安
2. 開業資金の内訳
3. 注意点

1. 開業資金の目安
バーを繁華街に構える、郊外に構える等の立地条件やその規模、業態に応じて、必要な開業資金は大きく変わります。バーにもいろいろあります。オーセンティックバーからカジュアルバー、特色を活かしたジャズバー、シガーバー。そして専門のお酒を扱った、ワインバー、ビールバー等。

一般的には概ね500万円~1,500万円と考えられております。もちろん内装を超豪華にしたり、超高級酒を最初から仕入れる場合など、それはあなた次第です。

2. 開業資金の内訳
バーの開業資金は次のものがあげられます、
(1) 物件取得費
(2) 内装工事費
(3) 什器備品
(4) 開業関連費
(5) 運転資金

さて、次に細かく見ていきましょう。ここでは店舗面積8坪で席数が10席程度のバーで、隠れ家的に地下1階に開業する場合を想定してみます。

(1) 物件取得費
物件取得費には、不動産屋に支払う仲介手数料、1か月分の前家賃、そして半年から10か月分の保証金がかかります。

(2) 内装工事費
内装工事費の他、厨房設備工事費や冷暖房設備の購入費も入ります。

(3) 什器備品
例えば什器備品には、各種インテリア、レジスター等があります。食器類(グラス、カップ等)、カクテル調製器具(シェーカー、スクィーザー、ストレーナー等)、その他バーアイテム(ポあら、アイスピック、アイストング、ピッチャー、オープナー等)も必須です。

(4) 開業関連費
開業関連費としては、市場調査費、広告宣伝費(販促物製作費)、アルバイト等募集費、会社設立費用などがあります。

(5) 運転資金
開業後、すぐにお客様の予約で一杯になる状況にはなりませんので、せめて3か月は赤字でも食べていけるように、お金に余力を持たせておきましょう。

こちらを表にすると次のようになります。

3. 注意点
個人の考え方違いですが、バーというと大型店よりも、小さな隠れ家バーの方が落ち着きます。バーテンダーと色々と話もできますので。
大きい店を構えてもかまいませんが、大きければ大きいほど、当然家賃も高いですし、水道光熱費も比例して大きくなります。席数に見合う集客レベルと集客方法が必要になります。
居抜き物件は前のオーナーから機材を譲り受けることになります。その機材の故障が譲り受け時にわからない場合には、あなた自身がその機材を廃棄する契約になっている場合が多いです。そうすると居抜きで安く済ませても、新品に買いなおすために高くつく場合もあるのでご注意下さい。


日本政策金融公庫の融資が通る可能性は?

創業資金
事業拡大資金
新規事業資金